恵比寿 東京出張


恵比寿の駅で日比谷線に乗り換えて、どうにか六本木に到着した。

約束の時間より40分ほど早く着いた。おずおずと半開きになったドアを開けて中に入った。オフィスの中はしんと静まり返っている。喧騒が日常の工場とは違う。
若い男と目があったので事情を説明する。名前を告げる。

目的地のビルは駅を降りた真上に所在している。それにしても東京は禁煙、の張り紙が目立つ。どこもかしこも禁煙だらけである。飲食店でも全て禁煙ではないか。

件の社長は現在スカイプサポート中で約束の17時ちょうどではないと会えないという。会社のオフィスのフロアにある喫煙所で待たせてもらうことになった。それにしても新宿のゴジラの前でオカマの客引きに声をかけられた時は焦った。ダッシュで逃げた。

この後、面談、ならびにお食事会の予定である。

面談が終わった。あの社長も愛煙家だという。あまり身のある話はなかったような気がする。しかし、これも想定内であろう。往復の交通費のもとは取れるのであろうか。面談の途中で、お互いに黙る時間が少しあった。共通の話題もなくなったということであろう。

それで、この社長、数年前までシンガポールに居住していたのであるが、日本に帰ってきた。帰国の理由は退屈だったからだという。酒もタバコもクルマも高い。何をしても罰金、四季がない。シンガポールには飽きたとのことであった。税金のメリットはあったが、それだけであったという。シンガポールに居住している間は翻訳部門の責任者を共同代表にしてスカイプで遠隔指示をする形で会社の運営をしてきたという。現在では共同代表は代表を外されたということであった。共同代表の立場と心情はどうなるのだ。

面談の後、社長、幹事のスタッフと三人でジビエ肉を出さないモツ鍋屋に行った。九州、名古屋、近くでは渋谷、一番遠いところでシンガポールから参加者は来ていた。唯一の女性は渋谷の化学薬品メーカーの受付をしているという。
10年以上のベテラン選手は私だけであった。逆を言うと10年経っても結果を出せていないということだ。やはり、男は女に弱い。社長は、この女性には何としても結果を出させると酔った勢いで宣言していた。この女性が、100で私が90だと。んー。

ちなみに、この女性、若く見えるが42才とのことであった。

二次会は、また別の店であった。シンガポールから来た不動産屋の社長が後ろのカウンターで退屈そうにしていたので、そっちに行って話を聞いてみた。実は脱税容疑でマルサに入られたという。一年半の間、まったく仕事にならなかったという。静岡生まれで、何と私と同じ年齢であった。誕生日も4日時間違わない。同じ12月生まれであった。この不動産屋の社長はボクシングが好きでマカオやラスベガスまでバッキャオの試合を見に行ったという。

僕はモハメドアリが好きだ!とか、セブに住む知人がフィリピン留学の仕事をしているとか、そんな話をした。

飲み会が終わった後はタクシーで予約してあったホテルへ行った。酔っていたので、大した距離ではないはずであるが、歩いて行くのは無理だと思った。ホテルに着くとお腹いっぱいのはずが、小腹がすいたので階下のコンビニで肉マンを買ってきて食べた。寒くて、あまり眠れなかった。本当は朝食付きのプランを申し込んだのであるが食堂ビュッフェが開く前にチェックアウトすることにした。差額は交渉したら返金してもらえた。赤坂駅から日比谷線ではない地下鉄に乗り、明治神宮前駅で降りる。歩いて山の手線の原宿駅から新宿駅で降りる。早朝サービスのある娯楽施設で楽しんだ。やはり高級なお店はスタッフも違う。満足して帰路、新幹線に乗るべく上野駅へ向かう。日本海側は大雪らしい。

2017,0124

靴のにおい 新幹線の駅

新幹線のチケットであるが、この乗り換え方式で行く場合、全席指定席になるという。つまり、果たしていくらの金額かは聞かなかったが、少し割高になるということである。自由席で往復するつもりであったが仕方がない。それで家を出てから気付いたのであるが鼻毛の手入れをしてくるのを忘れた。穴から少しはみ出している。現地に着いてからハサミを買おう。

それで、全席指定席の新幹線の駅のホームで待っている時に乗客の靴を何気なく観察してみると男性でブーツを履いているものは皆無である。皆、普通にローファーやスニーカーを履いている。 女性客に履いて少しブーツを履いている人はいた。外国人観光客に至ってはハイヒールを履いているものもいる。雪道で滑らないのか、他人事ながら心配になる。また関西方面への新幹線の車内では弁当やコーヒーなどの車内販売はないのであるが、東京方面への新幹線では車内販売があるらしい。知らなかった。名物は長野県の特産のナントカというお菓子らしい。もともとはお寺の境内?で売られていた土産物らしいのであるが。駅で買った弁当が無駄になるので、これは無理だ。

糸魚川駅で車体に付着した雪を落とすために10分ほど停車するというアナウンスが、かかった。しかし、ドアは開かないという。新幹線の車内は暖かいので靴に付着した雪が溶けてきた。本格的にである。爪先が冷たい。

出発する時に買ったブリ弁当を食べた。幸いなことに三席の窓側席で隣りには誰も乗っていない。隣りの席を荷物置き場にしても誰からも文句は言われない。もちろん、靴を脱いで足を乾燥させてもである。それで、やっぱり足が臭い。

今度、これを使ってみることにした。⇒足のにおいを消す方法

再度、アナウンスがあったが糸魚川で停車したため7分ほど遅れて到着の予定である。また出発してから私の地元では大雪警報が出たという。随分と幸先が良いではないか。ハハはハハ。

新潟から長野県に 至るルートではトンネルだらけでスマホの電波が届かない。圏外の表示が出てどうにもならない。それで新潟県、糸魚川駅で7分遅れた新幹線であるが、埼玉県の大宮駅には2分遅れ、上野駅、東京駅には定刻通りに到着する予定だという。日本の鉄道技術は驚嘆に値する。この新幹線であるが繁忙期と閑散期で切符の値段が違うことを今日、初めて知った。五月のゴールデンウィークやお盆、年末年始、9月のシルバーウィークなどには数百円、高くなり、今みたいに特に何もない時期は指定席のチケットでも基本料金より何百円か、安くなるのだそうだ。JRもホテルを運営する民間企業みたいになったということであろうか。

さっき、日本の鉄道技術は凄いというようなことを書いたが、タネあかしをすれば長野駅で乗り換えの時間を短くして対応しただけのことであった。それにしても新潟から長野県へ抜けると雪はあるものの晴天である。川端康成の小説の如くである。因みに大宮には1分遅れで到着するという。長野駅からも私の隣りの席には誰も来なかった。座席は貸し切り状態である。長野からも埼玉までもトンネルは多いようである。しょっちゅう圏外になる。文章を書くのをやめて夜に備えて昼寝でもした方が良いのかもしれない。酷いときには20分くらい圏外である。

結局、長野から埼玉へ向かう車内で濡れたソックスを履きかえた。もともと使い捨ての予備を持ってきていたので問題はない。

ダストボックスにソックスを捨てた。

それにしても、日本海側と太平洋側では同じ緯度であっても気候は全く違う。トンネルを抜けると晴天である。昔の人が日本海側の地域を裏日本と呼んだのが、何と無く理解できる。それから出発時に弁当と一緒に購入したペットボトルの茶であるが、既に封が切られていた。気持ち悪いので、これ以上、口にするのはやめておこう。圏外でメールを送ると、送信に失敗しました、とメッセージが表示される。トンネルから出てから送ろう。乾いたソックスが気持ち良い。車窓からの景色を楽しむことも、ほとんどなくルポルタージュを書いているうちに到着しそうである。それでトンネルを抜けてから気圧の関係か、耳がキーンとなり、何だか変だ。唾液を飲み、アクビ、深呼吸をしたら元に戻った。ウチのオヤジが耳の具合がおかしいと言っていたが、こんな感じなのかもしれない。

それで、埼玉だと思っていたら、まだ群馬県だった。それでも群馬県には雪は全く積もっていない。この分だと東京には全く積もっていない。群馬県名物、ナントカからっ風。時間的に大宮と思ったら群馬県だった。

出張

彼は、あの方法で結果としての数字を出した。ただし、思うのであるが、これは彼だからこそ出来たことではないか。私には合わないような気がする。このやり方でいくと黒幕だけが、太る。つまり儲かることにならないか。今一つ、自分としては釈然としない。
その疑問点を明らかにするための出張である。

今回の出張にはノートは三冊持っていこう。
 
大事なことを記録しようにも、紙がありませんではお話にならない。今回のセミナー参加は万に一つの失敗も許されない。自分にとって非常に貴重なものである。パソコンはサブのマシンを持っていくべきであろうか。それともメインのマシンを持っていくべきであろうか。往復の交通手段は新幹線をしようするべきか。飛行機を使用するべきか。宿泊先は会場近くのホテルを予約した。価格やグレードはどうでも良い。会場近くのホテルであることが重要なのである。

久々に気合の入った出張になりそうである。

ちなみに出張に何を着て行こうかで悩んだので、実際に鏡の前で服を合わせて着て、見てみた。それで思ったのであるが、見てくれは加齢とともに必ず劣化する。時間が経てば経つほど、今以上に悪くなる。

今よりよくなることは絶対にない。

若い時の写真を見ると、今よりもスッキリした顔をしている。やはり歳を取ったのであろうか。
気が付かないうちに、こんな歳になってしまった。

自分の事は、よく分からないのであるが、親戚の子供の成長を見ると時間の流れが良く分かる。

最近は、顔全体の筋肉が弛みがちで、ほうれい線が出ている。毛穴も開いているようである。おまけに頭髪も薄くなってきた。歳をとるとはこういうことなのか。果たして私はいくつで死ぬのであろうか。ちなみに子孫はまだ残していない。繁殖をしないで朽ちる生命体のようである。私は。

こういう生き物は生命体としては失格なのだろう。牛でも馬でも、犬でも繁殖、交尾は本能として備えている。

若い時間を無駄に過ごしたようである。

コンタクトレンズとメガネ

久々に親戚の子供に会った。
正月なのでお年玉をあげることになった。これで何人目になるであろうか?正月は出費がかさむ。自分も子供の時に貰っていたから、当然といえば当然であるが。

この子供は顔を見ると以前とは随分と雰囲気が違う。

何が変わったかというとメガネをかけていないのだ。確か、強度の近眼だったはずである。親族のものは、多くがメガネをかけているので近視は遺伝かもしれない。

それにしても、メガネをかけないだけで、こんなにも雰囲気が変わるものなのか!という感じがする。少女漫画で主人公のメガネブスがメガネを外したら実は美人だったというオチがあるが、まさにあんな感じであった。

それで、まだ高校生だと思っていたら既に大学生であった。関西の私立に通っているという。親元を離れて下宿生活、一人暮らしである。

親の立場からすると女の子の一人暮らしは不安があるのでは?と思うが仕方がないと諦めているようである。メガネを外して、これだけ美人であれば、さぞかし男どもにもモテているのではないか?親元を離れているから好き放題やっている?というのは私の勝手な妄想か?別に妄想でも構わないのであるが。

それで、アルバイトと学業、ともに時間がまったく足りないという。それで最近は時間の節約のためにネット通販を使うことが多いという。

アマゾンや楽天での買い物である。

ちなみにコンタクトレンズもネット通販で購入しているという。

使っているのはココ⇒コンタクトレンズ 処方箋なし 通販

私が学生のころは、インターネットで買い物をするなんて信じられなかった。こわくてクレジットカード情報なんて入力出来なかったものである。

悪用される恐怖があった。今ではスマートホンで買い物が出来るのだ。時代は変わったなあ。

そのうち、この子はコンタクトレンズも不便なのでレーシック、レーザー近視治療をするかもしれない。今は学生なのでカネもないであろうが、社会人になって働き始めて、ある程度のまとまったカネが出来たらするのではないか。

腹だけ出ている

腹だけ出ている人がいる。かく言う私もその一人である。腹が出ている理由としては内臓の具合がどうしたとか、こうしたとか。あるいは骨盤の具合に問題があるかもしれない。あるいは食べ過ぎで脂肪が蓄積しているということもあるかもしれない。しかし、私は過労で体重が50キロを下回った時も腹が出たまんまであった。この理由が最近になってようやく分かってきた。

おかしな話かもしれないが前世からの因果である。かつて私は栄養失調で腹だけ出ている人間を馬鹿にしたのである。腹が出ているなら食い過ぎではないかとか、口の悪いことを言ったのだ。そして、因果として今世では何をどうしても腹だけは絶対に引っ込まない身体に産まれてきたのである。もしかしたら背骨の側弯症も、その関係かもしれない。つまり、私にとっては様々なダイエット食品や健康法も、全く意味がないのである。このことに気づいただけでも良しとしよう。

ちなみに太っているといえば、会社の派遣社員の男である。昨日、見た光景の一部の描写。

彼が焼き鳥を食べている。コンビニエンスストアで二本買ってきたらしい。仕事の前の晩飯らしい。それにしても、彼は良く食べる。そして太っている。力士のごとく肥え太っている。周囲から体型のことをからかわれたりするのであるが、まったく気にしない。好きなだけ食べて好きなだけ飲む。

暴飲暴食という言葉は、彼のためにあるのではないかと思われるほどである。ダイエットなど考えたこともないのではないか。今度、置き換えダイエットを彼に勧めてみよう。
こんな彼であるが嫁も子供もいる。しっかり家族はいるのである。そして、家族を養うため働いている。一人前の男である。

ところで、今度の休みであるが、今週、日曜日にパートナーと映画を観に行く約束をしているのであるが、観に行く映画が二転三転して決まらない。最初はフランス映画を観に行こうと言ってい たのであるが、ホラー映画は嫌だという。では、ハリウッド映画はどうだと訊くと渋い顔をする。結局、私とは行きたくないのであろうか。

それとも別の理由で あろうか。最初は午前中を待ち合わせ時間に指定していたのであるが、後から午後の時間を言ってきた。私と昼食を取るのが嫌なのであろうか。それとも考えすぎ、気にしすぎなのであろうか。

喫煙

喫煙率と所得には相関関係にあるらしい。低所得の人間ほど喫煙率が高く高所得の人間ほどタバコを吸わないという。税金の高いタバコを買う人間は経済観念がないということであろうか。カートンで煙草を買うと4000円以上もするのだ。至極、もっともな考え方である。

私の友人に会社経営者が数人いるのだが喫煙者は皆無である。

それで禁煙グッズというのは沢山ありますね。古典的なところではガムや飴もそうです。しかしながらガムだけで禁煙出来たら苦労しませんよね。他にはニコチンパッチなどもあるようですが、わざわざ病院に行くのも面倒です。やはり最近人気の禁煙方法は電子たばこでしょうか。とても、おしゃれで吸い心地も良いと聞きました。 通常の味だけでなくメンソール 電子たばこもあると聞きました。

それから健康についていうと顔のむくみが気になる。昨日の夜ウイスキーを飲み過ぎたのかもしれない。年齢によるものもあるかもしれない。目の下の皺も目立つようになってきた。根本的に解決をはかる必要がありそうだ。まずは手始めに化粧品を変えてみようか。

まずはリフトアップ化粧品だろうか。これで仮に顔の問題が解決したとしよう。それで良いのか。何か違うような気がするのであるが。

年齢による身体の衰えは諦めるべきなのだろうか。

それから気になったことといえば、ソーシャルネットワークサービスで友人のアカウントが削除されていた。数日前にスノーボードに行った楽しそうな写真をアップしていたので私もコメントを残したのであるがアカウントが、丸ごとないのである。何か気に障るようなことでも発言したかと思い気になって電話してみると、それは関係ないとの返事であった。

複雑な事情があるようなので、それ以上は聞かなかった。しかしアカウントを削除したことについては彼も惜しいことをしたとの返事であった。

いつか再会して一献、酌み交わしたいものである。

大学時代

今年、ついに学生時代からの友人から付き合いのある、唯一の人間からの年賀ハガキが来なくなった。
多くの人間と縁が切れていくなかで、ただ一人、最後まで 人間関係が続いていた人間だったのであるが、ついに関係が途絶えたらしい。十年ほど前には彼の結婚式にも出席させてもらった。新郎新婦の幸せそうな姿を見 て少し驚いたものであった。

ちなみに結婚式で、この友人に会ったのは九年ぶりの再会である。それ以来、十年ほど会ってないのだから、縁が切れても当然とい えばそうかもしれない。逆を言うと十年も会っていなかったにも関わらず、縁が続いていたことのほうが凄いのかもしれない。彼との出会いに感謝している。事 故にあい身体の一部が欠損して、どん底から這い上がり、幸せを掴んだ彼の生きざまから学ぶことは多い。彼と彼の家族に幸あれ。

果たして何が正解なのであろうか

問題の定義をすることが出来ないまま、解答を探し求めて早20年が経つ。もしかして、このまま一生を終えて行くのであろうか。結局、人はいつか死ぬのだから、それでも良いのかもしれないが。しかし、代わり映えしない渇いた生活を送っている。

そもそも、何処で人生の階段を踏み外したのかを考えてみると大学受験にあったような気がする。

願わくば、大学受験から、もう一度、人生をやり直したいような気もするが、不可能なことは言うまでもない。

私は、あの大学を最終学歴にもつ人間として、これからも生きていくのである。

朝日大学 受験願書

この学校を受験、入学、卒業したことは忌まわしき思いでなのか?

ところで、もうすぐ卒業式の季節である。桜の花が咲く、このシーズンになると今でも思い出す。私の人生で最後の卒業式である。大学の卒業式である。

正直な話、あの当時の私はボロボロだった。偉大なる空回りの時期だった。私自身には何の問題もないにも関わらず、私の周囲の状況により全く手も足も出なかっ た。自分が本当にやりたいと思ったことに挑戦することすら出来なかった。失意のどん底だった。不適切な異性関係もあった。変なものを信じたりもした。一番 信頼していた後輩の裏切りに気付いたのも、この時期だった。

そんな中に唯一救われたのが卒業式の、あの日塚田と、その仲間が私のことを胴上げしてくれたのだ。ああいう状況の時であったから、私は仲間内の最後の集まりには行かないつもりであった。

そこへ後輩の女の子数人が私のことを呼びにきた。本当は行きたくなかったのであるが、仕方なしに行くことにして101教室に向かって走っている時だ。塚田が私の名前を呼び皆で胴上げしてくれた。そのまま池に突き落とされそうになった。

もちろん本当には突き落とされてはいない。

彼らには最初から、そんなつもりはない。

彼らの愛情表現の一環であることは、こちらも理解している。

あの時私は涙が出るほど嬉しかった。自分の生きざまが、間違ってはいなかったことを彼らが証明してくれたのだ。その後101教室に入った後、私を待ち受けて いたのはブチの嘲笑だった。裏切り者は、どこまでも裏切り者である。下衆なやつは、どこまでもゲスなのである。それまで、そのことに気付かなかった自分が 間抜けである。
兆候はいくつかあったのでるから。

あの当時のことを引きずって現在にいたる。私は塚田がいなかったら自殺して死ん でいたかもしれない。彼の存在のおかげで死なずに済んだ。救われた 。
彼にはいくら感謝してもしたりない。塚田元気か。ありがとうよ。私は、今でもあなたのことを忘れてはいません。また、いつかお会いしたいものです。

2013-03-12

参拝

正月というと多くの人は初詣に行くのであろうが、私は行かない。神は自分の心の中にあると考えているからだ。
しかしながら家族の手前、神社に参拝に行く振りだけはした。初詣に行かないと正月のおせち料理を食べさせてもらえないのである。
神社に行くふりをしてコンビニエンスストアでチョコレートやクレープなどのお菓子を買ってきて食べた。

 

それでお菓子を食べながら考えた。