嫁の胸

男ばかり数人で飲み屋に行った。脂っこい顔をしたオッサンばかり?かもしれない。昔はみんな、それなりに格好良かったのかもしれないが。。

俺だって昔はモテた。今はサッパリかもしれないが。合コンでも一番人気だった。とは言え過去の話であるが。

それで、お互いの近況報告から始まり、下らない昔の思い出話、ゴルフの話、釣りの話なんかをひと通りした後に、「自分の結婚は成功だったのか?失敗だったのか?」なんて話題になった。

おっさんどもは自分自身が劣化していることは棚に上げて、子供を産んでからの嫁が性格的にも身体的にも如何に変わってしまったかを嘆いていた。

嫁が母親になることで「女」というか「妻」ではなくなったという意味のことを複数の人間が言った。

独身の人間は、「へー、そんなものかね?」みたいな顔をしていた。

胸フェチ、オッパイフェチの男は、かつては「巨乳」が自慢だった嫁の胸が出産、授乳を機会に如何に垂れ下がった、ぶら下がった、しわしわに萎んできたかを嘆いてきた。

ただ垂れ下がってきただけではなく、しぼみ、そして若い時にはサーモンピンクのような色をしていた乳輪、乳首が熟しすぎて腐敗が進み、腐乱が始まったイチジクのようになってきたと、みんなの前で言うのだ。

この男の嫁は、かつて我々の間では一番人気のある女性であった。若い時に美しくても年齢を重ねることで肉体は劣化、老化を止めることは出来ないのだ。

しかし、人前でそんなことを言うかなー、というのが私の正直な感想である。

私なら、たとえ嫁が劣化してきても、人前で愚痴めいたことを口外することは考えられない。

身内の恥をさらすようなものではないか?

この男は嫁にはまったく性欲を感じない。触手が動かないという意味のことを言った。

「だったら離婚したら、どうだ?」

場にいた一人が言った。

口には出さなかったが私もこの意見に賛成したものである。

「離婚」を言われて、この男は押し黙ってしまった。図星?だったのか?

さらに追い打ちをかけるように、

「再婚するか?」まで言われた。

観察していると彼には、そこまでの覚悟と度胸は無いようであるが。。

彼は、そこで酒を二三杯、続けてあおった。

「嫁がパソコンで、こっそり、こんなサイトを調べていたんだ」、と自身のスマートホンで、嫁が見ていたというサイトを見せてくれた。

これ
嫁もオンナであることを努力しているから無下には出来ないと言うのだ。

やはり、お互いに愛し合っているのであろう。